【スポンサーリンク】

2試合で2得点のカイル・クーズマ「僕の役割をスコアリングすることではない」

2試合で2得点のカイル・クーズマ「僕の役割をスコアリングすることではない」

ロサンゼルス・レイカーズのカイル・クーズマはファーストラウンド第1戦と第2戦で合計2得点と、スコアリングで貢献することができていない。

ショットアテンプト数は第1戦が2本、第2戦が4本と少なく、オフェンスに積極的に関わることができていないクーズマ。

だが、クーズマによると、スコアリングすることだけがバスケットボールではないという。

クーズマは自身について次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

このチームでの僕の役割は、必ずしもスコアリングすることではない。

この2試合を見ると、ボールが僕に集まる必要はない。

それでOKさ。

僕の使命はチームに貢献することなんだ。

僕がすべきなのは、これまでと同じようにディフェンスで貢献すること。

僕たちが勝利できるように小さなこともやる。

チャンピオンシップのスタイルのバスケットボールをプレイするんだ。

僕はそれでOKさ。

とはいえ、クーズマがスコリングで貢献できるようになれば、レブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスの負担は軽減されるだろう。

レイカーズを指揮するフランク・ボーゲルHCは、クーズマを「チームにおいて2番目のスコアリングオプション」と評価している。

つまり、スコアリングによる貢献を求められているのは明らかだ。

クーズマには第3戦でより積極的にオフェンスに関わり、NBA連覇へ向けてリズムを掴んでもらいたいところだ。

なお、クーズマのファーストラウンド第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間19:2419:56
得点02
リバウンド31
アシスト11
スティール01
ブロックショット01
ターンオーバー10
FG成功率0%
(0/2)
25.0%
(1/4)
3P成功率0%
(0/1)
0%
(0/2)
フリースロー成功率
+/--5-1

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA