【スポンサーリンク】

ナゲッツがトレードで獲得を狙うのはハリソン・バーンズもしくはアーロン・ゴードン?

ナゲッツがトレードで獲得を狙うのはハリソン・バーンズもしくはアーロン・ゴードン?

現在ウェスタン・カンファレンス5位のデンバー・ナゲッツは、現地25日のトレード期限までにロスターを調整すると見られている。

ナゲッツが必要としている人材は、機動力とサイズがあるフォワード選手。

ナゲッツはディフェンスに定評のあるジェラミ・グラントとトーリー・クレイグを失ったため、NBAプレイオフでレブロン・ジェイムスやカワイ・レナードといったスーパースターにマッチアップできるフォワード選手を探していると報じられている。

The Denver Postによると、ナゲッツはサクラメント・キングスのハリソン・バーンズ、もしくはオーランド・マジックのアーロン・ゴードンをトレードで獲得することを検討しているという。

ナゲッツが最も求めているとされるのは、コンボフォワードのバーンズだ。

だが、キングスはバーンズを重要な一員としてみなしており、トレードで放出する場合は相当な資産との交換を要求すると噂されている。

一方、バーンズと比較するとディフェンス面に課題が残るものの、ゴードンはより現実的なオプションと言えるだろう。

マジックはゴードンのトレードでルーキーのRJ・ハンプトンなどを要求しているとされ、ナゲッツの組織内では適切か否か議論されているという。

なお、ナゲッツはマジックのエバン・フォーニエにも興味を持っており、トレードによる獲得を狙っていると報じられている。

バーンズとゴードンの今季のスタッツは以下の通りだ。

H・バーンズA・ゴードン
出場試合数4024
平均出場時間35.929.3
平均得点16.314.6
平均リバウンド6.5
(キャリアハイ)
6.6
平均アシスト3.7
(キャリアハイ)
4.3
(キャリアハイ)
平均スティール0.70.7
平均ターンオーバー1.52.7
FG成功率49.6%
(キャリアハイ)
44.2%
3P成功率36.9%39.3%
(キャリアハイ)
フリースロー成功率83.0%62.4%
(キャリアワースト)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA