【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCがジョエル・エンビードがMVPを逃したことについて「決め手は試合数」

ドック・リバースHCがジョエル・エンビードがMVPを逃したことについて「決め手は試合数」

NBAは現地8日、2020-21シーズンのMVPにデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチを選出したことを発表した。

MVP最終候補に残ったのはヨキッチ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー。

最有力候補に挙がっていたのはヨキッチであり、多くの人々の予想通りの結果だったと言えるだろう。

シクサーズを指揮するドック・リバースHCも、ヨキッチのMVP受賞に納得しているのかもしれない。

リバースHCは今季のMVPについて、次のようにコメントしたという。talkbasket.netが伝えている。

聞いてくれ。

素晴らしい、素晴らしい候補がたくさんいた。

私はヨキッチとジョエルの一騎打ちになると思っていた。

ステフもそのレースに入ってきて、追い上げたよね。

我々のリーグには偉大な選手がすごくたくさんいる。

決め手となったのはおそらく試合数だろう。

間違いなく試合数が影響したと思う。

だが、彼らが同じくらいたくさんの試合に出場していたとしても、非常に難しい選択になっただろうね。

私は間違いなく我々の男が受賞するのを望んでいた。

しかし、ヨキッチはふさわしいと思うよ。

今季はヨキッチが全72試合に出場したのに対し、怪我に悩まされたエンビードは51試合の出場にとどまった。

とはいえ、センターのヨキッチとエンビードがMVP最有力候補に挙がったのは、ビッグマンの価値が再び高まってきていると言って良いだろう。

ヨキッチとエンビードにはこれからもNBAを牽引し、MVP争いを続けてもらいたい。

なお、センターの選手がMVPに輝いたのは、1999-2000シーズンのシャキール・オニール以来となる。

以下、1999-2000シーズン以降のMVPを受賞した選手だ。

シーズン選手名ポジション
1999-2000シャキール・オニールC
2000-01アレン・アイバーソンSG
2001-02ティム・ダンカンPF
2002-03ティム・ダンカンPF
2003-04ケビン・ガーネットPF
2004-05スティーブ・ナッシュPG
2005-06スティーブ・ナッシュPG
2006-07ダーク・ノビツキーPF
2007-08コービー・ブライアントSG
2008-09レブロン・ジェイムスSF
2009-10レブロン・ジェイムスSF
2010-11デリック・ローズPG
2011-12レブロン・ジェイムスSF
2012-13レブロン・ジェイムスSF
2013-14ケビン・デュラントSF
2014-15ステフィン・カリーPG
2015-16ステフィン・カリーPG
2016-17ラッセル・ウェストブルックPG
2017-18ジェイムス・ハーデンPG
2018-19ヤニス・アンテトクンポPF
2019-20ヤニス・アンテトクンポPF
2020-21ニコラ・ヨキッチC

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ダンカンとアイバーソンのポジションが明らかに違う

  2. By 匿名

    アイバーソンがMVPになったのは00-01で、01-02はダンカンでは?

*

CAPTCHA