【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCがポール・ジョージに反論?

ロサンゼルス・クリッパーズのオールスターフォワード、ポール・ジョージは先日、チームを指揮したドック・リバースについて「彼は僕をレイ・アレンやJJ・レディックのようにプレイさせようとした」とし、リバースHCの起用法に疑問を投げかけた。

また、NBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナルでデンバー・ナゲッツに逆転されたことについては、「何の調整もしなかった」とし、リバースHCのコーチングを暗に批判した。

クリッパーズは昨季終了後にリバースHCとの関係を解消。

アシスタントコーチを務めていたタイロン・ルーが新ヘッドコーチに就任することとなったわけだが、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのヘッドコーチに就任したリバースHCがジョージの批判に反応した模様。

リバースHCによると、ジョージの起用法はルーHC体制下でもほとんど変わらないという。リバースHCのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

私は彼のコーチングを楽しんだよ。

タイ・ルーは僕の隣に座っていた。

だから、(ジョージの起用法は)ほとんど変わらないだろう。

我々は敗れた。

私は全員が責任を負うべきだと思っている。

我々はどんなときでももっと良くなれる。

選手たちはもっと良くなれるんだ。

ジョージの他、マーカス・モリスもリバースHCのコーチングについて、「紙の上で戦略を練っていただけ」、「タレントに頼りすぎた」と指摘した。

彼らの発言を受け、NBA2020-21シーズンのクリッパーズとシクサーズの試合は互いのプライドを欠けた激しいバトルとなるだろう。

それと同時に、ルーHCがジョージをどう起用するかにも注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA