【スポンサーリンク】

ダンカン・ロビンソン「レブロン・ジェイムスはまるでチェスをプレイしているよう」

ダンカン・ロビンソン「レブロン・ジェイムスはまるでチェスをプレイしているよう」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、36歳になった今もNBAトップレベルのパフォーマンスを維持している。

徹底した身体のケアや高いバスケットボールIQがMVPレベルのパフォーマンスを可能にしているのだろうが、マイアミ・ヒートのダンカン・ロビンソンによると、ジェイムスはまるで4手先を読んでいるようにプレイするという。

ロビンソンはジェイムスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

レブロンのゲームに対するアプローチ方法はすごく戦略的だ。

リップサービスのように思われるかもしれないが、正当な理由がある。

彼と対戦するまで分からなかった。

昨季のプレイオフとファイナルで、彼はボールを持った時にまるでチェスのようにプレイしていたんだ。

彼は選手たちを動かし、指示を出し、操作し、コートを彼好みの形にしていく。

プレイオフではそれがより一層見られるんじゃないかな。

なぜなら、ゲームはスローダウンし、すべてのポゼッションがより重要になるからね。

36歳という年齢ながらNBAで主力として戦うためには、高いバスケットボールIQが欠かせない。

フェニックス・サンズのクリス・ポール然り、コート上だけでなくコート外でもバスケットボールの研究をひたすら続けてきた結果と言えるだろう。

とはいえ、身体的な衰えは確実に迫っている。

果たしてジェイムスは何歳まで今のパフォーマンスを維持できるのだろうか?

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数341299
平均出場時間34.838.3
平均得点25.727.0
平均リバウンド8.27.5
平均アシスト7.97.4
平均スティール1.11.6
平均ターンオーバー3.83.5
FG成功率50.2%50.4%
3P成功率35.2%34.4%
フリースロー成功率69.8%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA