【スポンサーリンク】

エイブリー・ブラッドリー「アキレス腱を切ったと思った」

エイブリー・ブラッドリー「アキレス腱を切ったと思った」

オフシーズン中にマイアミ・ヒートと2年1160万ドルの契約を結んだエイブリー・ブラッドリーは、怪我やNBAの健康と安全プロトコルにより今季10試合の出場にとどまっている。

現在は右ふくらはぎを負傷しており、あと2~3週間程度は離脱する見込みだが、ブラッドリーはふくらはぎを怪我した当初、アキレス腱の断裂を危惧したという。

ブラッドリーは怪我した当時を振り返り、次のようにコメント。The Miami Heraldが伝えている。

何かが弾けたような気がした。

本当に怖かったよ。

接触がなかったのに弾けたような気がしたから、アキレスの怪我だと思ったんだ。

だから、(検査結果が出るまで)神経質だったし、本当にイライラしていた。

今はハッピーさ。

深刻な怪我ではなかったからね。

順調に回復すれば、ブラッドリーはオールスターブレイク明けに復帰する見込みだ。

だが、ブラッドリーはオールスターブレイク前の復帰を目指して治療を続けているという。

今季のヒートは人手不足も重なって厳しい戦いを余儀なくされているが、ブラッドリーにはディフェンスでヒートを鼓舞し、上位に引き上げてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA