【スポンサーリンク】

エリック・ゴードンが股関節の負傷で4~6週間離脱へ

エリック・ゴードンが股関節の負傷で4~6週間離脱へ

ヒューストン・ロケッツのエリック・ゴードンが、1カ月以上の離脱を余儀なくされる模様。

ESPNによると、ゴードンは右の股関節を負傷し、4~6週間離脱する見込みだという。

ゴードンは現地11日のサクラメント・キングス戦で負傷した。

今季のロケッツは人手不足の影響に悩まされている。

先発ビッグマンのクリスチャン・ウッドは近日中に復帰すると報じられているが、スラッシャーのゴードンの離脱はロケッツに大きな痛手となるだろう。

ロケッツではジョン・ウォール(膝)、ウッド(足首)、デイビッド・ヌワバ(手首)、ダニュエル・ハウス(膝)、ダンテ・エクサム(ふくらはぎ)、ロディアンス・クルークス(腹斜筋)が負傷で離脱している。

なお、ロケッツはゴードンの長期離脱が決まった当日、メイソン・ジョーンズと10日間契約を結んだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA