【スポンサーリンク】

ウォリアーズのボブ・マイヤーズGM「トレード期限まで積極的に動く」

ウォリアーズのボブ・マイヤーズGM「トレード期限まで積極的に動く」

NBAプレイオフ復帰の期待がかかっているゴールデンステイト・ウォリアーズは、シーズン後半を黒星発進とした。

シーズン前半を3連敗で終えたウォリアーズはこれで4連敗と、厳しい戦いを強いられている。

この状況を打破するため、ウォリアーズは今月25日のトレード期限までにロスターを再編成するかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ウォリアーズのゼネラルマネージャーを務めるボブ・マイヤーズが、トレード期限に向けて積極的に動くことを明かしたという。

今において意味があるのか、将来的に妨げになってしまわないか、そのバランスだ。

今季と来季に向け、何が有益なのか?

我々は積極的に動く。

最高の記録を誇っていた時があったし、トレード期限までにほとんど動かなかった時もあった。

我々はほとんど動かなかったし、電話もほとんどかけなかった。

これからはもっとオープンに電話をかけるし、トレードのオファーにも耳を傾けるだろう。

昨季の我々はタックスがかからないようにしたり、(アンドリュー・)ウィギンスを獲得したりと、積極的に動いた。

だが、そのシーズンは何かが懸かっているわけではなかった。

今季は懸かっているものがある。

だから、我々がもっと良くなれるのであれば、やりたいことにフィットするパートナーを見つけなければならないんだ。

ウォリアーズには成長が期待できる若手が多い。

それゆえに彼らをトレード要員とすれば、即戦力となれるベテラン選手を獲得できるかもしれない。

約2週間後に迫ったトレード期限に向け、ウォリアーズがどう動くのか注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA