【スポンサーリンク】

ダンカン・ロビンソンはメディア就職を目指していた?

ダンカン・ロビンソンはメディア就職を目指していた?

NBAキャリア2年目のダンカン・ロビンソンは、NBA屈指のアウトサイドシューターとして突如頭角を現した。

2018年のNBAドラフトで指名漏れし、昨季の大半をGリーグで過ごしたものの、昨年夏にヒートと1年契約を結ぶとスターターの座を勝ち取ったロビンソン。

だが、ロビンソンはプロバスケットボールプレイヤーとして生計を立てることは考えていなかったのかもしれない。

Bleacher Reportによると、ダンカンはミシガン大学に在籍していた3年前、スポーツメディアの企業で働くためにメッセージを送っていたという。

それから3年後、ロビンソンはヒートに不可欠なアウトサイドシューターとして活躍し、NBAファイナルという大舞台で戦っている。

ロビンソン本人も、まさかNBAプレイヤーとしてラリーオブライエントロフィーをかけて戦うことになるとは思いもしなかったことだろう。

千載一遇のチャンスをものにしたロビンソンには、NBAを代表するシューターとしてさらなる成長を期待したいところだ。

なお、ロビンソンの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数7319
平均出場時間29.727.8
平均得点13.511.0
平均リバウンド3.22.7
平均アシスト1.41.7
平均スティール0.50.7
平均ターンオーバー1.00.7
FG成功率47.0%41.8%
3P成功率44.6%38.2%
フリースロー成功率93.1%85.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA