【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「トレードされることは知らなかった」

元オールスターセンターのドワイト・ハワードは昨季、ワシントン・ウィザーズの一員として9試合の出場にとどまった。

怪我で長期離脱を余儀なくされ、シーズン中のトレードでメンフィス・グリズリーズへ移籍したハワード。

ハワードによると、移籍を知らされたのはトレードが成立した後だったという。

トレードの通知がなかったことについて、ハワードは次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「トレードされることは知らなかった。だけど、あらゆることに対する準備はしてた。(トミー・シェパードGMから)電話があったんだ。彼らはすでにトレードを成立させたんだと思ったよ。そして電話してきた。その時点で俺にできることは何もなかった」

グリズリーズへ移籍後、バイアウトされたハワード。

だが、それが結果的にレイカーズ移籍につながり、リムプロテクターとしての名声も復活しつつある。

怪我による離脱が多く、安定して試合に出場できなかったハワードだが、怪我なくシーズンを過ごし、レイカーズの復権に貢献することであろう。

なお、今季のハワードは19試合に出場し、平均20.3分のプレイで6.9得点、7.1リバウンド、0.8アシスト、1.5ブロックショット、FG成功率75.4%、フリースロー成功率57.4%を記録。

キャリアを通してオーランド・マジック、レイカーズ、ヒューストン・ロケッツ、アトランタ・ホークス、シャーロット・ホーネッツ、ウィザーズでレギュラーシーズン通算1063試合に出場し、平均34.2分のプレイで17.2得点、12.5リバウンド、1.5アシスト、2.0ブロックショット、FG成功率58.4%、フリースロー成功率56.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA