【スポンサーリンク】

ジョー・ジョンソン「まだバスケしたい」

元NBAオールスターのジョー・ジョンソンは昨年夏、BIG3リーグでチームをチャンピオンに導くパフォーマンスを見せ、その後デトロイト・ピストンズとトレーニングキャンプ契約を結んだ。

だが、ロスターに残ることができず、悲願のNBA復帰を果たすことはできなかった。

39歳という年齢もあり、NBA復帰は非常に難しい状況にあると思われるが、ジョンソンのバスケットボールに対する情熱はまったく失われていないようだ。

ジョンソンによると、海外でのプレイも視野に入れながら現役を続けていきたいという。ジョンソンのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

まだバスケしたい。

今でもゲームが大好き。

いま諦めることはできないよ。

僕は一人っ子だったから、母を失ったのは辛かった。

だから忙しくしていたかった。

BIG3がそれだったんだ。

当時の僕にとってはバスケをプレイすることが最善だった。

僕がBIG3参加を決める前、ジャネロ(・パーゴ)がこう言ってくれたんだ。

「良いストレス発散になると思うし、君とまた同じチームでプレイできるチャンスだ。楽しくなるだろうし、週末には相手を圧倒できるよ」とね。

今はこれまでで最高の状態さ。

食事に気を付けているし、ホットヨガにも取り組んでいる。

デトックスになるし、筋肉や関節、骨にも良いんだ。

まだ諦められない。

こういったことは間違いなく僕を維持するのに役立っている。

特にキャリア終盤だからね。

ジョンソンによると、昨年2月に最愛の母を癌で亡くして悲しみに暮れていたところ、アーカンソー大学時代のチームメイトであり、現在はポートランド・トレイルブレイザーズのアシスタントコーチを務めているパーゴから連絡があり、心の癒やしのためにBIG3リーグ参戦を決断したという。

ジョンソンがNBAでプレイしたのは、ヒューストン・ロケッツに所属した2017-18シーズンが最後。

果たしてジョンソンはNBA復帰もしくは海外チームとの契約を勝ち取ることができるだろうか?

なお、ジョンソンのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

キャリアスタッツ
所属チームボストン・セルティックス
フェニックス・サンズ
アトランタ・ホークス
ブルックリン・ネッツ
マイアミ・ヒート
ユタ・ジャズ
ヒューストン・ロケッツ
出場試合数1276
平均出場時間34.7
平均得点16.0
平均リバウンド4.0
平均アシスト3.9
平均スティール0.8
平均ターンオーバー1.9
FG成功率44.1%
3P成功率37.1%
フリースロー成功率80.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA