【スポンサーリンク】

NBAがジュリアス・ランドルに対するトラベリングコールについて「正しいコール」

NBAがジュリアス・ランドルに対するトラベリングコールについて「正しいコール」

ニューヨーク・ニックスのジュリアス・ランドルは、現地15日のブルックリン・ネッツ戦最終盤にトラベリングをコールされた。

ランドルはこのコールに納得できず、試合後に声を荒げながらレフェリーに詰め寄ろうとし、チームメイトたちに制止される事態となったが、トラベリングをコールしたスコット・フォスターは、「ディフェンダーはボールにタッチしたとみなされた。だが、ボールが失われたわけではない。彼(ランドル)は故意にボールを落としたり、ドリブルしたり、ボールを落とした後に最初にタッチすることはできない」と説明。

NBAもフォスターの見解が正しいと判断したようだ。

SNYtvの記者によると、NBAはラスト2分間レポートの中でランドルに対するトラベリングコールについて「コレクトコール(正しいコール)」としたと言う。

なお、着地後のランドルにはパスかシュートしか選択肢がなかった。

ランドルはこのプレイから学び、今後に役立てることだろう。

なお、ランドルの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数40415
平均出場時間36.729.9
平均得点23.2
(キャリアハイ)
16.8
平均リバウンド11.0
(キャリアハイ)
9.2
平均アシスト5.7
(キャリアハイ)
3.1
平均スティール0.9
(キャリアハイ)
0.7
平均ターンオーバー3.42.6
FG成功率48.0%49.2%
3P成功率41.5%
(キャリアハイ)
32.4%
フリースロー成功率79.7%
(キャリアハイ)
73.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA