【スポンサーリンク】

レイカーズデビュー戦で負傷したアンドレ・ドラモンドが長期離脱?

レイカーズデビュー戦で負傷したアンドレ・ドラモンドが長期離脱?

元NBAオールスターのアンドレ・ドラモンドが、現地3月31日のミルウォーキー・バックス戦でロサンゼルス・レイカーズデビューを果たした。

だが、左足のつま先を負傷したことで途中退場した。

ドラモンドによると、バックスのブルック・ロペスに足を踏まれ、左足の指の爪が失われてしまったために途中退場したという。

ドラモンドは怪我について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ブルックに足を踏まれたんだ。

爪が全部なくなってしまったよ。

前にも爪がなくなったことがあるが、すごく、すごく痛い。

僕は前を向いている。

毎日様子を見て、より強くなって戻ってくるよ。

一方、ドラモンドと同じ経験があるというマーキーフ・モリスは、こう話した。

僕も前に爪を割ってしまったことがあるが、問題なくなるまで1カ月半かかった。

良い兆候ではないね。

レイカーズのレギュラーシーズンは現地5月16日のニューオーリンズ・ペリカンズで終了する。

もしドラモンドが1カ月半欠場しなければならないなら、レギュラーシーズンは全休することになるだろう。

それほど長期離脱にならないとしても、レイカーズはレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ドラモンド不在の状態でしばらく戦うことになりそうだ。

なお、この日のドラモンドはエアジョーダンXI IEを履いてレイカーズデビューしたが、途中でLeBron 16 Lowsに履き替え、その後に負傷したと報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA