【スポンサーリンク】

ジョージ・カールが嫌うNBAプレイヤーは今も昔もデマーカス・カズンズ

元NBAコーチのジョージ・カールはサクラメント・キングスのヘッドコーチを務めていた当時、デマーカス・カズンズとの関係悪化が報じられた。

カールとカズンズはあからさまに嫌いあい、最終的にはカールが解雇、翌年にカズンズがトレードでキングスを離脱。

両者の関係は修復しないまま離れることとなったが、カールは今もカズンズを嫌っているようだ。

SNS上で10年前に最も嫌いだったプレイヤーと、いま最も嫌いなプレイヤーは誰?という投稿に対し、カールは10年前も今も嫌いなプレイヤーとしてカズンズを挙げたという。

今から10年前、カールとカズンズはまだ出会っていない。

つまり、それほどカズンズのことを嫌っているのだろう。

カールはキングスから解雇された後、NBAに復帰できずにいる。

一方のカズンズも度重なる怪我で難しい時間を送っており、カールと同じくNBAから離れている。

彼らにはいつの日かNBAゲームで決着をつけてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA