【スポンサーリンク】

ジャズがクリス・ポールのトレード獲得を狙う?

NBAを代表するポイントガードのクリス・ポールは、オクラホマシティ・サンダーで過ごした2019-20シーズンを復活の年とした。

若手たちのメンターとしてだけでなく、コート上でも支配力を発揮し、サンダーをプレイオフ進出に導いたポール。

だが、サンダーは若手主体のチームに生まれ変わる見込みであり、ポールをトレードで放出すると噂されている。

ポールには複数のNBAチームが興味を持っているというが、ポール獲得レースにユタ・ジャズも加わることになるかもしれない。

clutchpoints.comによると、ジャズはサンダーとのトレードでポイントガードのマイク・コンリー、ビッグマンのエド・デイビス、2020年のNBAドラフト23位指名権を放出し、ポールを獲得すれば、さらなる飛躍が期待できるという。

このトレードが実現した場合、来季のジャズはポール、ドノバン・ミッチェル、ルディ・ゴベールを中心として戦うことになるだろう。

若手中心のチームに生まれ変わるサンダーにとっても、NBAドラフト1巡目指名権は大きな資産になる可能性がある。

ただし、ベテランポイントガードのコンリーはバイアウトされる可能性があり、コンリーにとっては最悪のトレードと言えるかもしれない。

果たしてこのトレード案は実現するのだろうか?

なお、ポールにはニューヨーク・ニックスやミルウォーキー・バックスなど多くのNBAチームが興味を持っていると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA