【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードがレフェリーに「公正にコールしてもらいたい」

ジョエル・エンビードがレフェリーに「公正にコールしてもらいたい」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズはアトランタ・ホークスとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第6戦を制し、シリーズを3勝3敗のタイに戻した。

第6戦は序盤にベン・シモンズとトバイアス・ハリスがファウルトラブルに陥ったこともあり、ホークスのペースで進んだものの、シクサーズは後半で巻き返しに成功した。

絶対に負けられない第7戦に向けて勢いを持続させたい中、NBAオールスターセンターのジョエル・エンビードがオフィシャルに注文をつけた模様。

エンビードによると、第6戦はファウルコールが公正ではなかったという。エンビードのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

彼ら(オフィシャル)には伝えたよ。

「公正にコールしなければならない」とね。

ベンにトバイアス。

我々の多くの選手がファウルトラブルに見舞われた。

公正にコールされていなかったと感じている。

彼ら(ホークス)のポイントガードは最小限の接触でファウルをもらっていたからね。

僕たちは彼らと同じようにコールしてもらえなかった。

僕はただ公正にコールしてもらいたい。

彼らのポイントガードに何もないのにコールするなら、僕たちも同じようにコールされるべきだ。

もし僕が触れられたら、彼ら(オフィシャル)は同じようにコールすべきだ。

エンビードはファウルをもらうスキルに長けている選手だが、この日のフリースローアテンプトはわずか4回。

思うようにファウルをコールしてもらえなかったことにフラストレーションを感じたのか、FG成功率37.5%(9/24)、ターンオーバー8回と精彩を欠いた。

エンビードにはレフェリーではなくゲームに集中し、第7戦でのリベンジを期待したいところだ。

なお、エンビードのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第1戦から第6戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦
出場時間38:0334:4033:5536:1539:2638:14
得点394027173722
リバウンド9139211313
アシスト428451
スティール121020
ブロック313042
TO431458
FG成功率57.1%
(12/21)
52.0%
(13/25)
50.0%
(7/14)
20.0%
(4/20)
60.0%
(12/20)
37.5%
(9/24)
3P成功率33.3%
(1/3)
40.0%
(2/5)
33.3%
(1/3)
25.0%
(1/4)
50.0%
(2/4)
25.0%
(1/4)
FT成功率93.3%
(14/15)
75.0%
(12/16)
75.0%
(12/16)
100%
(8/8)
84.6%
(11/13)
75.0%
(3/4)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA