【スポンサーリンク】

ロケッツが次にトレードで放出するのはPJ・タッカー?

ロケッツが次にトレードで放出するのはPJ・タッカー?

ヒューストン・ロケッツは現地13日、ブルックリン・ネッツ、クリーブランド・キャバリアーズ、インディアナ・ペイサーズとのトレードでジェイムス・ハーデンを放出した。

だが、ロケッツの動きはこれで終わりではないのかもしれない。

The Athleticの記者によると、複数のNBAチームがベテランフォワードのPJ・タッカーに関心を持っており、ロケッツに接触しているという。

現在35歳のタッカーは、2019年のオフシーズンにロケッツとの延長契約を希望し、「どうなるか見てみよう」と語った。

だが、ロケッツはタッカーに延長契約をオファーしなかった。

そして、タッカーは昨年のオフシーズン中もロケッツとの延長契約を希望したものの、ロケッツはオファーしなかった。

これを受け、タッカーはロケッツに対して不満を持っていると噂されている。

タッカーはNBAキャリア終盤に差し掛かっているものの、35歳の今でもNBAトップクラスのディフェンス力を誇る選手のひとり。

特にディフェンスの改善を必要としているNBAチームは、タッカーに関心を持っていることだろう。

なお、タッカーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数9663
平均出場時間31.629.4
平均得点5.67.3
平均リバウンド4.45.8
平均アシスト1.31.4
平均スティール1.21.2
平均ターンオーバー1.31.0
FG成功率50.0%42.2%
3P成功率52.0%36.3%
フリースロー成功率60.0%74.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA