【スポンサーリンク】

ラプターズがカイル・ラウリーに対するトレードオファーを拒否?

ラプターズがカイル・ラウリーに対するトレードオファーを拒否?

トロント・ラプターズのカイル・ラウリーには、トレードの噂が浮上している。

ラウリーは「僕がトレードを要求することはない」とし、ラプターズの一員としてNBAキャリアを終えることを望んでいるとしたが、NBAプレイオフ進出が難しくなりつつあるラプターズがラウリーをトレードで放出し、ロスターを補強する可能性はゼロではない。

だが、ラプターズが少なくとも現地25日のトレード期限までにラウリーを放出する可能性はないようだ。

tsn.caによると、ラプターズはラウリーに対するトレードオファーに対し、「彼をトレードするつもりはない」と返答しているという。

とはいえ、イースタン・カンファレンス11位のラプターズがNBAプレイオフに進出するためには、何かしらの動きが必要だろう。

そこで浮上したのが、NBAキャリア6年目のノーマン・パウエルだ。

今季のパウエルはNBAキャリアベストのパフォーマンスを見せており、今トレードで放出すれば相当な資産を得られる可能性がある。

特に再建中のNBAチームにとって、パウエルのような若く、成長中の選手は重宝されるだろう。

現地25日のトレード期限を前に、ラプターズの動向にますます注目が集まるところだ。

なお、パウエルの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数38345
平均出場時間30.220.0
平均得点19.7
(キャリアハイ)
9.8
平均リバウンド3.02.4
平均アシスト1.8
(キャリアハイタイ)
1.4
平均スティール1.2
(キャリアハイタイ)
0.8
平均ターンオーバー1.81.1
FG成功率50.0%
(キャリアハイタイ)
46.5%
3P成功率44.6%
(キャリアハイ)
38.0%
フリースロー成功率87.5%
(キャリアハイ)
83.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA