【スポンサーリンク】

カイル・アンダーソン「ようやく自分自身を証明できた」

メンフィス・グリズリーズのカイル・アンダーソンは、NBAキャリアを通してアウトサイドショットを課題としていた。

だが、スパーズ時代にシュートフォームを矯正し、2016-17シーズンにはNBAキャリアベストとなる3P成功率37.5%を記録。

その翌シーズンも3P成功率33.3%を記録するなど、アンダーソンのアウトサイドショットは着実に改善していた。

しかし、グリズリーズ移籍後の2シーズンは26.5%、28.2%と再び低迷する。

当時のアンダーソンは右肩を負傷しており、うまくシュートを撃つたびに痛みが走っていたという。

そのアンダーソンが今季、30%を上回る3P成功率を記録している。

しかも、3Pショットアテンプト数はNBAキャリア平均を大きく上回るペースだ。

ここまでのスタッツを受け、アンダーソンは自信を持ち始めているのかもしれない。

アンダーソンは自身について次のようにコメント。commercialappeal.comが伝えている。

高校時代の僕のハイライトを見てもらったら、僕にシュートがあることを分かってもらえると思う。

僕は3歳の時からこのゲームをプレイしている。

僕はワイドオープンショットを決めることができるんだ。

このリーグでやっていけると感じているが、そのためにトレーニングし、僕はやれるということをついに証明することができた。

アンダーソンは2019年4月に右肩を手術し、首から右手の神経がよりスムーズに機能するように上部の肋骨を削ったという。

その後の数カ月間は長距離ショットの練習は避け、シューティングコーチと共に片足でのジャンパーや高いループのシュートなどを何度も何度も繰り返し練習し、脳に筋肉の動きを記憶させる努力をしたというアンダーソン。

“スローモー”アンダーソンはNBAキャリア7年目となる今季をステップアップのシーズンとし、グリズリーズにとって不可欠なプレイヤーであることを証明し続けるだろう。

なお、アンダーソンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数10377
平均出場時間30.519.9
平均得点13.55.6
平均リバウンド7.3.1
平均アシスト4.12.1
平均スティール0.40.9
平均ターンオーバー2.10.9
FG成功率41.5%48.3%
平均3Pアテンプト数4.60.8
3P成功率30.4%31.0.%
フリースロー成功率82.1%70.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA