【スポンサーリンク】

ウィザーズのスコット・ブルックスHCが解雇の危機?

ウィザーズのスコット・ブルックスHCが解雇の危機?

ワシントン・ウィザーズは現地11日、強豪フェニックス・サンズに21点差で快勝した。

だが、まだ今季3勝目であり、今後も厳しい戦いを強いられると予想されている。

このような状況を受け、ウィザーズは指揮系統の変更に着手するかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ウィザーズを指揮するスコット・ブルックスHCのポジションが危うい状況になっているという。

ブルックスHCは2016年4月にウィザーズのヘッドコーチに就任。

就任1年目はカンファレンスセミファイナル進出に貢献し、翌シーズンもNBAプレイオフ進出(ファーストラウンド敗退)に導いた実績を持つ。

だが、オールスターポイントガードのジョン・ウォールが負傷離脱すると、2018-19シーズンは32勝50敗、昨季は24勝40敗、そして今季は昨季よりひどいスタートを切っており、ブルックスHCに対する批判は少なくない。

シーズン序盤にヘッドコーチを解雇するという事例はこれまで多々あったが、今季はブルックスHCが最も早く解雇されるヘッドコーチになってしまうかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA