【スポンサーリンク】

アイザイア・トーマスがナイキの従業員に間違えられる

昨季中のトレードでワシントン・ウィザーズからロサンゼルス・クリッパーズに移籍し、直後にウェイブされたアイザイア・トーマスは、新たなNBAチームを探している。

トーマスが最も輝かしいNBAキャリアを送ったのは、やはりボストン・セルティックス時代だろう。

第4Qで圧倒的な勝負強さを見せ、オールスターにも選出されたトーマス。

だが、当時負った怪我の影響が長引き、セルティックス離脱以降はかつてのパフォーマンスを取り戻すことができずにいる。

NBAで目立たない存在となっただけでなくNBAプレイヤーとしてはサイズがないことが影響したのか、トーマスによると、ナイキのウェアに身を包んで空港を訪れた際、「君はナイキで働いているのかい?」と訊かれたという。

バスケットボールは世界的なスポーツではあるが、NBAを見てないない人々は多い。

かつてはジェレミー・リンがアリーナのスタッフに間違えられ、顔パスで入館できなかったことがあったが、トーマスには知名度を高めるほどのパフォーマンスを取り戻してもらいたいところだ。

なお、トーマスのNBA2019-20シーズンとキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数40525
平均出場時間23.128.9
平均得点12.218.1
平均リバウンド1.72.5
平均アシスト3.75.0
平均スティール0.30.9
平均ターンオーバー1.92.3
FG成功率40.8%43.6%
3P成功率41.3%36.4%
フリースロー成功率81.6%87.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA