【スポンサーリンク】

マイク・ジェイムスがネッツと契約したのはケビン・デュラントの兄の働き?

マイク・ジェイムスがネッツと契約したのはケビン・デュラントの兄の働き?

今季CSKAモスクワでプレイしていたベテランポイントガードのマイク・ジェイムスは、4月下旬にブルックリン・ネッツと10日間契約を結び、NBAに復帰した。

ジェイムス・ハーデン不在のネッツにおいて素晴らしい活躍を見せ、スタンダード契約を勝ち取ったジェイムス。

ジェイムスがNBAに復帰する前、デンバー・ナゲッツがジェイムスに関心を持ち、強力にアプローチしていたというが、ジェイムスはネッツとの契約を決断。

ジェイムスがナゲッツではなくネッツを選んだのは、ケビン・デュラントの兄の働きかけがあったからなのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ジェイムスはアメリカ人のエージェントがいなかったため、友人のモー・スミスに交渉を頼んだというが、スミスはデュラントの兄のビジネスパートナーだったという。

ナゲッツは先発ポイントガードのジャマール・マリーが今季全休となる怪我を負ってしまい、ポイントガードのポジションが薄くなってしまった。

一方、ネッツにはハーデンとカイリー・アービングというNBAを代表するポイントガードがいる。

それにも関わらずネッツとの契約を選んだのは、デュラントの兄の働きかけ、そしてネッツがNBAタイトルを狙えるチームだったからなのかもしれない。

いずれにせよ、ジェイムスとしてはNBAプレイオフでも結果を残し、今度こそNBA定着を図りたいところだろう。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
所属チームブルックリン・ネッツフェニックス・サンズ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
ブルックリン・ネッツ
出場試合数1349
平均出場時間18.218.8
平均得点7.78.9
平均リバウンド2.52.5
平均アシスト4.23.7
平均スティール0.50.7
平均ターンオーバー1.51.4
FG成功率37.0%38.0%
3P成功率35.5%28.7%
フリースロー成功率77.8%76.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA