【スポンサーリンク】

キャブスがコリン・セクストンをトレード?

キャブスがコリン・セクストンをトレード?

クリーブランド・キャバリアーズのコリン・セクストンは今季、NBAキャリアベストとなるパフォーマンスを見せた。

だが、キャブスはシーズン前半こそ健闘したものの徐々に調子を落とすと、今季をイースタン・カンファレンス13位でフィニッシュ。

この結果を受け、セクストンにトレードの噂が浮上した。

bleacherreport.comによると、2人の幹部がセクストンのトレードを提案したという。

セクストンはまだ22歳と若く、成長する可能性がある選手のひとりだ。

だが、セクストンのボールを支配するプレイスタイルはキャブスにフィットせず、またセクストンがパスを出さないものとして見ているNBAチームもあるという。

キャブスはガードポジションを豊富に抱えている一方で、ウィングポジションは薄い。

若く、伸び代のあるセクストンをトレード要員とすれば即戦力のウィングプレイヤーを獲得できる可能性があるため、状況を劇的に変えることができるかもしれない。

また、キャブスはこの夏にジャレット・アレンとの契約を控えており、ケビン・ラブの大型契約もあと2シーズン残っている。

セクストンと延長契約を結ぶことができるものの、今後サラリーキャップの問題に直面する恐れがあるだけに、キャップスペース面で見るとセクストンをトレードで放出し、ダリアス・ガーランドとの延長契約に備えるのが賢明だろう。

果たしてこの夏のキャブスはどう動くのだろうか?

なお、セクストンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数60207
平均出場時間35.333.2
平均得点24.3
(キャリアハイ)
20.2
平均リバウンド3.1
(キャリアハイタイ)
3.0
平均アシスト4.4
(キャリアハイ)
3.4
平均スティール1.0
(キャリアハイタイ)
0.8
平均ターンオーバー2.82.5
FG成功率47.5%
(キャリアハイ)
45.8%
3P成功率37.1%
(キャリアワースト)
38.5%
フリースロー成功率81.5%
(キャリアワースト)
83.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA