【スポンサーリンク】

コリン・セクストン「GOATを1人にすべきではない」

ロサンゼルス・レイカーズがNBAチャンピオンに輝いたことにより、レブロン・ジェイムスをNBA史上最も偉大なプレイヤー「GOAT」に推す声が増えている。

それでもマイケル・ジョーダンを推す声が多いが、10代後半から20代前半のNBAプレイヤーの中にはジョーダンでもジェイムスでもコービー・ブライアントでもなく、ケビン・デュラントを選ぶ者もいる。

アナリストやファンが「誰がGOATか?」という終わりない議論を続けている中、クリーブランド・キャバリアーズの若き司令塔、コリン・セクストンがひとつの答えを出したのかもしれない。

セクストンはGOAT議論について次のように指摘。fadeawayworld.netが伝えている。

GOATにひとりだけを選ぶことはできない。

なぜなら、時代が違うからね。

コービー、レブロン、MJ。

ひとりだけを挙げるな。

MJの時代にレブロンがどうプレイしたか、MJの時代にコービーがどうプレイしたかは分からない。

彼らは彼らの時代のGOATなんだ。

その他にもビル・ラッセルやカリーム・アブドゥル・ジャバーなどがGOAT議論に加わることがあるが、彼らがプレイした時代には違いがある。

時とともにNBAのルールも変化し、一概に比較するのは困難だろう。

とはいえ、時代は変われど、人々が1人の男をGOATに選びたがる傾向は変わらないのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA