【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールがベン・シモンズについて「パワーフォワードやセンターにディフェンスされるのとは違う」

ブラッドリー・ビールがベン・シモンズについて「パワーフォワードやセンターにディフェンスされるのとは違う」

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールはフィラデルフィア・セブンティシクサーズとの第1戦で33得点、第2戦でも33得点と、今季NBA2位のスコアラーとしての実力を発揮している。

だが、3P成功率は第1戦、第2戦ともに16.7%(1/6)と苦戦。

ビールは試合の大半でベン・シモンズにマッチアップされ、タフなオフェンスを強いられている。

ビールによると、シモンズはサイズのアドバンテージを利用しているうえ、ディフェンスすることを好んでいるという。

ビールはNBA屈指のディフェンダーでもあるシモンズについて次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

彼は211cmで、僕は190cm。

単純なことだと思う。

彼にはサイズがあり、ガードのポジションでプレイしている。

パワーフォワードやセンターが僕をディフェンスするのとはわけが違うんだ。

彼はすごく機動力があるし、俊敏性もあり、強い。

それが彼を彼たらしめているんじゃないかな。

それに彼はディフェンスするのを好んでいる。

自ら好んでディフェンダーになろうとしている。

そういう選手はあまり見られないよね。

彼はそれをアドバンテージにしているんだ。

ビールの活躍も虚しく、ウィザーズはシリーズ2連敗を喫してしまった。

だが、第3戦と第4戦はウィザーズのホームゲームであり、ビールをはじめウィザーズの選手たちはファンからの心強い声援をバックに、闘争心を全面に押し出してプレイするだろう。

シモンズのディフェンスを振り切るのは簡単ではないが、ビールにはNBAトップクラスのスコアラーとしてさらなる活躍を期待したいところだ。

なお、ビールのファーストラウンド第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間40:5934:36
得点3333
リバウンド104
アシスト63
スティール11
ターンオーバー61
FG成功率56.5%
(13/23)
50.0%
(14/28)
3P成功率16.7%
(1/6)
16.7%
(1/6)
フリースロー成功率100%
(6/6)
66.7%
(4/6)
+/--4-22

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA