【スポンサーリンク】

ドノバン・ミッチェルがオフィシャルのジャッジについて「NBAは手を打たないと」

ドノバン・ミッチェルがオフィシャルのジャッジについて「NBAは手を打たないと」

ユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルは現地3日に行われたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦のオーバータイム終盤にテクニカルファウルを2度コールされ、退場を余儀なくされた。

ミッチェルはオフィシャルのジャッジに激昂したためテクニカルファウルをコールされたと見られるが、ここ最近のNBAでは選手ではなくオフィシャルが「ソフト」と指摘されることも少なくない。

ミッチェルもそれを実感しており、NBAが対処すべき問題だと考えているという。

ミッチェルはオフィシャルのジャッジについて次のように指摘。fadeawayworld.netが伝えている。

コートで戦い、競い合い、あのような形でゲームを取り上げられるのは厳しいよね。

このようなことが起こっているなんて本当にバカげている。

うんざりだ。

僕たち全員がうんざりしている。

本当に手に負えない。

リーグはこの件について何かしらの手を打たなければならない。

同日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対・サクラメント・キングス戦では、モントレズ・ハレルがスコアリングした後に「アンドワン!」と大声で叫び、テクニカルファウルをコールされた。

テクニカルファウルの基準が下がると、選手たちが情熱を持ってプレイするのは難しくなってしまうだろう。

NBAには選手たちの情熱も尊重しながら、適切なゲーム運営を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA