【スポンサーリンク】

ラジョン・ロンド「ホークスの組織に感謝している」

ラジョン・ロンド「ホークスの組織に感謝している」

ベテランポイントガードのラジョン・ロンドは、シーズン中のトレードでアトランタ・ホークスからロサンゼルス・クリッパーズに移籍した。

昨年のオフシーズン中に昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズを離れ、再建中だったホークスとの契約を決断したロンド。

「僕なら若手を助けることができる」、「可能性がある選手が揃っている」など語っていたロンドには、ホークスをNBAプレイオフ進出に導く働きが期待されていたものの、わずか半年で離れることになった。

だが、ロンドによると、ホークスのゼネラルマネージャーであるトラビス・シュレンクとの話し合いにより、快くトレードを受け入れることができたという。ロンドのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

トラビスと僕は(トレードの)数日前と当日の午前中に話をした。

僕たちは会話をした。

楽しい会話だったよ。

あのような楽しい会話は、僕のキャリアを通して一度もなかった。

ホークスの組織に感謝している。

彼らがうまくいくことを祈っているよ。

ロンドはトレード後に出場時間を取り戻し、重要なベンチプレイヤーのひとりとしてクリッパーズを牽引するパフォーマンスを見せている。

一方のホークスも現地7日の時点でイースタン・カンファレンス5位と好調であることから、ロンドとホークスにとってウィンウィンのトレードだったと言えるかもしれない。

なお、シュレンクGMはホークスのロスターについて「NBAプレイオフでイーストのチームを驚かせるような力を発揮する可能性がある選手を集めた」とし、シュート力のある選手をロスターに加えることを最優先したことを明かしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA