【スポンサーリンク】

カール・アンソニー・タウンズが第4Qでショットアテンプト0本の理由について「皆をオープンにするため」

カール・アンソニー・タウンズが第4Qでショットアテンプト0本の理由について「皆をオープンにするため」

ミネソタ・ティンバーウルブズは現地16日に昨季NBA王者のロサンゼルス・レイカーズと対戦し、第3Qまで互角の戦いを見せたものの、第4Qで力尽き敗戦した。

カール・アンソニー・タウンズは第3QまでFG10本中7本とまずまずのパフォーマンスを見せていたものの、第4Qのショットアテンプト数はまさかのゼロ本。

ベテランポイントガードのリッキー・ルビオは「第4Qで彼にショットを打たせなかったのはミスだった」と説明した一方で、タウンズによると、決して消極的になっていたわけではないという。

タウンズは第4Qを振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕は第4Qでボールを持ちたいし、オフェンスでチームの勝利を助けたい。

だが、(レイカーズ戦は)僕の出番ではなかった。

アント(アンソニー・エドワーズ)の出番だったからね。

だから僕はチームメイトたちにスペースをもたらすよう最善を尽くしたし、皆をオープンにさせようと努力したんだ。

そう話すタウンズだが、マーク・ガソルに対しては機動力で優位性があり、モントレズ・ハレルに対してはサイズで優位性があったため、タウンズがボールをもっと持っていたら結果は違っていたかもしれない。

ウルブズは先発ポイントガードのディアンジェロ・ラッセルが長期離脱を余儀なくされたこともあり、今後はタウンズにスコアリングでの貢献がより求められるだろう。

なお、ウルブズは現地17日にNBA屈指のビッグマンであるドマンタス・サボニスとマイルズ・ターナー擁するインディアナ・ペイサーズと対戦する予定だ。

タウンズの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数8366
平均出場時間32.534.3
平均得点20.822.6
平均リバウンド10.611.7
平均アシスト3.62.8
平均スティール0.90.8
平均ブロックショット1.91.5
平均ターンオーバー2.92.5
FG成功率52.1%53.3%
3P成功率45.7%39.8%
フリースロー成功率90.3%83.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA