【スポンサーリンク】

マブスがルー・ウィリアムスのトレード獲得を計画?

ダラス・マーベリックスはこのオフシーズン中にロスターを再構築すると見られている。

ルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギスを中心としたチームにするため、彼ら以外の全員がトレード対象になると報じられているが、まずはドンチッチとポルジンギスをスコアリングで助けることができるベテランガードのトレード獲得に動くかもしれない。

clutchpoints.comによると、マブスはロサンゼルス・クリッパーズとのトレードでルー・ウィリアムスを獲得し、今年のNBAドラフト18位指名権を放出することを検討しているという。

マブスが所有しているNBAドラフト18位指名権には複数のNBAチームが関心を持っていると噂されているが、現時点で最有力視されているのはウィリアムスとのトレードだ。

ウィリアムスはディフェンスを課題としているものの、スコアリングに関してはNBAトップクラス。

ピック&ロールもうまく、マブスのオフェンスを助けることができるだろう。

なお、マブスがウィリアムスのトレード獲得に成功した場合、ウィリアムスはシックスマンとして起用されると見られている。

ウィリアムスの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

2019-20NBAキャリア
出場試合数651001
平均出場時間28.724.9
平均得点18.214.5
平均リバウンド3.12.3
平均アシスト5.63.5
平均スティール0.70.9
平均ターンオーバー2.81.7
FG成功率41.8%42.0%
3P成功率35.2%34.9%
フリースロー成功率86.1%84.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA