【スポンサーリンク】

デリック・ローズが足首について「深刻な怪我ではない」

デリック・ローズが足首について「深刻な怪我ではない」

シカゴ・ブルズのベテランガード、デリック・ローズは、先日行われたワシントン・ウィザーズとのNBAプレシーズンゲーム第4Q中に足首を負傷し、試合終了を待たずにロッカールームに下がった。

ローズは怪我が多いタイプのNBA選手であるため、足首の怪我の程度が気になるところだが、大きな問題とはならない模様。

ローズによると、足首の怪我は大したことではないという。ローズのコメントをthe New York Postが伝えている。

まったく深刻なものではないよ。

だが、もしプレイし続けていたらもっと悪化していたかもしれない。

まだ2試合目だし、すべてが新しく、移籍もあった。

ティブス(トム・ティボドーHC)のトレーニングキャンプは例年と違うものになっている。

僕は時間をかけなければならない。

歳をとったしね。

足首を捻ってしまったが、完全に捻ったわけではない。

途中で下がることをティブスは理解してくれたよ。

ニックスは元NBAオールスターのケンバ・ウォーカーを先発ポイントガードのポジションで起用する見込みであり、ローズは引き続きバックアップガードとしてプレイする予定だ。

昨季のニックスの躍進においてローズは重要な一員であったため、NBA2021-22シーズンも重要なバックアップガードとして起用されるだろう。

ローズには怪我でNBAキャリアを狂わされた過去があるだけに、今季は怪我のないシーズンを送ってもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA