【スポンサーリンク】

マリク・モンク「僕はすべてにおいて成長できる」

マリク・モンク「僕はすべてにおいて成長できる」

昨年夏に1年契約でロサンゼルス・レイカーズに加わったマリク・モンクは、今季をNBAキャリアベストのシーズンとした。

チームとして結果を出すことはできなかったものの、モンク個人とってはポジティブなシーズンだったと言えるだろう。

そのモンクが今季と自身について言及した模様。

モンクによると、NBA選手としてあらゆることをもっと改善できるという。モンクのコメントをlakersnation.comが伝えている。

すべてを改善できる。

スコアリング、3ポイント、フリースローを含めてね。

今季の僕のフリースローはひどかった。

だが、僕はすべてにおいて成長できると思う。

成長できないことなんて何もない。

組織がサポートしてくれていることが分かっていたから、安心していろんなことができた。

ブロン(レブロン・ジェイムス)がチームにいるなら、落ち込むことはない。

ラス(ラッセル・ウェストブルック)、AD(アンソニー・デイビス)、ドワイト(・ハワード)、メロ(カーメロ・アンソニー)、彼らすべてのベテラン選手はあまり良いシーズンを送ることができなかったが、彼らはこういったシーズンへの対処法を知っている。

僕は彼らからたくさんサポートしてもらったから、対処するのは難しくなかったよ。

レイカーズはモンクとの再契約をこの夏の優先事項のひとつにしている。

モンクは「サラリーよりホームにいると感じられること」を重視するというが、少なくともロサンゼルスでの生活は気に入っているだろう。

果たしてレイカーズはモンクとの再契約を成功させることができるだろうか?

なお、モンクの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数76309
平均出場時間28.120.4
平均得点13.8
(キャリアハイ)
10.3
平均リバウンド3.4
(キャリアハイ)
2.3
平均アシスト2.9
(キャリアハイ)
2.0
平均スティール0.8
(キャリアハイ)
0.5
平均ターンオーバー1.61.3
FG成功率47.3%
(キャリアハイ)
42.4%
3P成功率39.1%35.5%
フリースロー成功率79.5%
(キャリアワースト)
83.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA