【スポンサーリンク】

カイル・ラウリー「ラプターズの一員としてNBAを引退する」

カイル・ラウリー「ラプターズの一員としてNBAを引退する」

元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーは、オフシーズン中のサイン&トレードでトロント・ラプターズからマイアミ・ヒートに移籍した。

来年3月に36歳になるラウリーは親友ジミー・バトラーと共にヒートをNBAチャンピオンに導くべく戦っているが、ラウリーのラプターズ愛が変わることはないのかもしれない。

ラウリーによると、ラプターズの一員としてNBAを引退することを望んでいるという。ラウリーのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

皆にこう言われるんだ。

「カナダに住めばいい」とね。

だが、カナダに住むためには市民権を取得しなければならない。

僕は残りの人生をカナダで過ごすとは思っていないんだ。

だが、戻ってくることはできる。

あの場所は今もホームさ。

これまでもそう言ってきたし、これからも変わらない。

僕は1日契約を結び、トロント・ラプターとして引退するだろう。

僕にとってそれがすべてなんだ。

ラウリーはラプターズでの9年間でNBAオールスターに6度選出され、2019年にはラプターズをフランチャイズ初となるNBAチャンピオンに導いた。

ラプターズファンのラウリーに対する愛は変わらず、ラウリーの凱旋を両手を広げて歓迎し、祝福するに違いない。

なお、ラウリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数15975
平均出場時間34.531.8
平均得点12.014.8
平均リバウンド4.94.4
平均アシスト7.66.3
平均スティール1.11.3
平均ターンオーバー3.02.4
FG成功率40.8%42.4%
3P成功率30.9%36.7%
フリースロー成功率88.5%81.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA