【スポンサーリンク】

ネッツがニコラス・クラクストンをトレード?

ネッツがニコラス・クラクストンをトレード?

NBAタイトルコンテンダーのブルックリン・ネッツは、2月のトレード期限までにロスターを調整すると噂されている。

NBAオールスターガードのカイリー・アービングが不在の中、ネッツはロスターを強化し、NBAタイトル獲得に向けて盤石の布陣を揃えたいというが、その一環として若手ビッグマンをトレードで放出するかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ネッツはNBAキャリア3年目のビッグマン、ニコラス・クラクストンをトレードで放出する可能性があるという。

現在22歳のクラクストンは、成長が期待されている若手ビッグマンのひとりだ。

そのため制限付きFAになる2022年夏には価値が高騰すると見られており、他のNBAチームから大型契約のオファーが届く可能性がある。

ネッツはキャップスペースに余裕がないため、他チームのオファーにマッチするのは難しいだろう。

つまり、見返りなしでクラクストンを失うより、トレードで見返りを得たいと考えているのかもしれない。

なお、クラクストンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数956
平均出場時間17.316.7
平均得点5.15.8
平均リバウンド4.64.5
平均アシスト0.40.9
平均スティール0.20.5
平均ブロックショット0.81.0
平均ターンオーバー0.70.6
FG成功率55.9%59.9%
3P成功率16.7%
フリースロー成功率50.0%49.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA