【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスにフルコンタクトのワークアウト復帰許可が下りる

アンソニー・デイビスにフルコンタクトのワークアウト復帰許可が下りる

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスタービッグマン、アンソニー・デイビスは、現地12月17日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦で膝を負傷し、以降離脱が続いている。

先日は膝にサポーターを着けた状態でシュート練習を行う様子が報じられたが、デイビスは復帰にまた一歩近づいた模様。

latimes.comによると、デイビスは医師による再検査を受けた結果、負傷した膝にダメージがないことが認められ、フルコンタクトのワークアウトに復帰する許可が下りたという。

レイカーズは現地19日にホームでインディアナ・ペイサーズと戦った後、ロード6連戦を行う。

デイビスはロード6連戦中に復帰する可能性が高いというが、ディフェンスを課題にしているレイカーズにとってNBA屈指のディフェンダーであるデイビスの復帰は確実に後押しとなるだろう。

一方、骨挫傷により今季1試合も出場できていないケンドリック・ナンについて、フランク・ボーゲルHCは「良い反応を示さなかった」、「骨挫傷は厄介な怪我であり、彼のスケジュールは遅れている」とし、復帰の目処が立っていないことを明かした。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA