【スポンサーリンク】

ゴードン・ヘイワードが奇妙な理由でトレンド入り

ゴードン・ヘイワードが奇妙な理由でトレンド入り

シャーロット・ホーネッツのゴードン・ヘイワードは、NBAキャリア12年目を迎えているベテランフォワードだ。

ユタ・ジャズに所属した2016-17シーズンにはNBAオールスターに選出されていることから、数あるNBA選手の中で知名度は高いほうだろう。

だが、名前は知られていたとしても、顔を正確に認識しているNBAファンは多くないのかもしれない。

ヘイワードは現地8日、奇妙な理由でTwitterのトレンド入りを果たした。

その理由がこれだ。

彼はボストン・セルティックスに所属するルーキー、サム・ハウザー。

NBAがアップした写真のハウザーがヘイワードにそっくりであるため、ファンの中にはNBAが間違ってヘイワードの写真をアップしたと勘違いした者もいるという。

ヘイワードは背番号20番のユニフォームを着ているが、NBAがアップしたハウザーの写真は背番号が絶妙に隠れており、背番号20番のユニフォームを着ているようにも見える。

ヘイワードはこの状況に驚くと同時に、楽しんでいることだろう。

だが、次はコート上のパフォーマンスでトレンド入りすることを期待したいところだ。

なお、ヘイワードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数26711
平均出場時間34.231.2
平均得点17.115.6
平均リバウンド4.94.5
平均アシスト3.73.7
平均スティール0.80.8
平均ターンオーバー1.81.8
FG成功率44.6%45.3%
3P成功率37.8%37.0%
フリースロー成功率85.3%82.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA