【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「ラッセル・ウェストブルックをサポートしなければならない」

カーメロ・アンソニー「ラッセル・ウェストブルックをサポートしなければならない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスターガード、ラッセル・ウェストブルックは、過去数試合で調子を取り戻しつつあるように見えた。

だが、現地6日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦ではFG成功率7.7%(1/13)と、再び後退してしまった。

レブロン・ジェイムスが欠場し、さらにアンソニー・デイビスが試合序盤に離脱したレイカーズは、ブレイザーズに惨敗。

9リバウンド、6アシストを記録したものの、8得点、6ターンオーバーに終わったウェストブルックには批判の声があがっている。

この状況を受け、元NBAオールスターフォワードのカーメロ・アンソニーがウェストブルックに言及した模様。アンソニーのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

ホームでのいくつかの試合での彼を見てきた。

チームにフィットし、主導権を握り、彼が彼のプレイをするのを見てきた。

彼はアタックモードに入っている。

そうでない夜もある。

それがラスのギブ&テイクなんだ。

彼はキャリアを通して常に解決してきた。

どのようにアジャストするか、どのように調整するかを常に見つけ出してきた。

彼は身体的に、精神的に何をやらなければならないかを分かっている。

それは僕たちにどうこうできるようなことではない。

彼がコントロールすることだ。

彼だけが彼がすべきことを知っている。

僕たちは彼をサポートしなければならない。

それこそが僕たちがすべきことだ。

レイカーズが次に対戦するのは、若手中心のチームとして躍進が期待されているシャーロット・ホーネッツ。

幸いにもレイカーズのホームゲームであるため、ファンの声援がウェストブルックを後押しするだろう。

ウェストブルックには今後のホーム5連戦で再び調子を取り戻し、レイカーズを勝利に導くパフォーマンスを期待したい。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数10953
平均出場時間35.134.7
平均得点19.023.1
平均リバウンド8.57.4
平均アシスト7.98.5
平均スティール1.3
(キャリアワーストタイ)
1.7
平均ターンオーバー4.94.1
FG成功率41.8%43.7%
3P成功率26.8%30.5%
フリースロー成功率62.8%
(キャリアワースト)
78.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA