【スポンサーリンク】

ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ「ここにいることを嬉しく思う」

ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ「ここにいることを嬉しく思う」

NBAキャリア9年目のケンテイビアス・コールドウェル・ポープは、オフシーズン中のトレードでロサンゼルス・レイカーズからワシントン・ウィザーズに移籍した。

ウィザーズでNBAスターと呼べるのはブラッドリー・ビールのみだが、ウィザーズはチームバスケットボールを展開し、現在11勝5敗、イースタン・カンファレンス2位と絶好調。

一方のレイカーズはNBAスターを揃えたものの、8勝9敗、ウェスタン・カンファレンス9位と苦戦している。

コールドウェル・ポープはこの状況をどう見ているのだろうか?

「君をトレードしたチームが失敗に終わっている一方で、君は素晴らしいシーズンを送っている。それに満足している?」と質問されたコールドウェル・ポープは、笑いを抑えながら以下のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はここにいることを嬉しく思っているよ。

トレードについてはあまり動揺しなかった。

ブラッド(ビール)は素晴らしい友人だ。

僕たちはいつも一緒にプレイすることを話していた。

だから、チャンピオンチームを出ることは大したことではなかったんだ。

前に進む時が来たということさ。

シーズン前の予想では、ウィザーズはNBAプレイオフチームとして見られていなかった。

だが、今季ここまで素晴らしい戦いを見せており、NBAプレイオフ進出の期待は日に日に高まっている。

レイカーズのNBAタイトル獲得に貢献したコールドウェル・ポープはその経験をフィードバックし、ウィザーズをさらなる高みに導いてくれるに違いない。

なお、コールドウェル・ポープの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数16622
平均出場時間30.329.1
平均得点9.611.3
平均リバウンド3.83.1
平均アシスト1.61.7
平均スティール1.31.1
平均ターンオーバー1.11.0
FG成功率39.6%
(キャリアワーストタイ)
41.8%
3P成功率36.4%35.6%
フリースロー成功率84.6%80.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA