【スポンサーリンク】

ジェイレン・ブランソンに関心を持つNBA3チームとは?

ジェイレン・ブランソンに関心を持つNBA3チームとは?

ダラス・マーベリックスのジェイレン・ブランソンは、この夏に完全FAになる。

今季のブランソンはスターターに定着し、NBAオールスターのルカ・ドンチッチとともにチームを牽引するパフォーマンスを見せているため、FA市場において注目のひとりになるのは間違いないだろう。

では、どのNBAチームがブランソン獲得を狙っているのだろうか?

Bleacher Reportによると、ニューヨーク・ニックス、デトロイト・ピストンズ、インディアナ・ペイサーズがブランソンに関心を持っているという。

ニックスは昨年夏に元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーを獲得したが、ウォーカーはニックスにフィットすることができなかった。

また、デリック・ローズも怪我による離脱が多く、ニックスとしては安定して起用できるポイントガードを獲得したいところだろう。

ただし、ニックスには十分なキャップスペースがないため、サイン&トレードが必要になると報じられている。

ピストンズは十分なキャップスペースがあるNBAチームのひとつだ。

ブランソンは今季、ドンチッチと並んでプレイできることを証明したため、ピストンズはケイド・カニングハムと組ませることを検討しているという。

ペイサーズはマルコム・ブログドンををトレードで放出し、新たなポイントガードを獲得すると見られている。

元マブスのリック・カーライルHCがペイサーズを指揮していることも、ブランソン獲得のアドバンテージになるだろう。

マブスもブランソンに残留を求めると報じられているが、果たしてブランソンはどのような決断を下すのだろうか?

なお、ブランソンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数79277
平均出場時間31.924.7
平均得点16.3
(キャリアハイ)
11.9
平均リバウンド3.9
(キャリアハイ)
3.0
平均アシスト4.8
(キャリアハイ)
3.7
平均スティール0.8
(キャリアハイ)
0.6
平均ターンオーバー1.61.3
FG成功率50.2%49.4%
3P成功率37.3%37.3%
フリースロー成功率84.0%
(キャリアハイ)
80.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA