【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックがクリップウォーキングをした理由について「音楽が流れてきたから」

ラッセル・ウェストブルックがクリップウォーキングをした理由について「音楽が流れてきたから」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスターガード、ラッセル・ウェストブルックは、ようやくチームのシステムにフィットし、本来のパフォーマンスを取り戻しつつあるように見える。

現地10月31日のヒューストン・ロケッツ戦では20得点、8リバウンド、9アシスト、1スティールを記録し、勝利に貢献したウェストブルック。

その日のウェストブルックはノリノリだったのか、試合中にステップを踏みながらドリブルをするシーンも見られた。

https://youtu.be/frTlRgqfoQU

このステップはロサンゼルスで人気がある「クリップウォーキング」と呼ばれるものであり、ウェストブルックによると、大好きな音楽が流れたから思わずクリップウォーキングをしてしまったという。ウェストブルックのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

あの音楽が流れてきた時、「僕の舞台だ」と思ったんだ。

すると、足が動き始めた。

あれが僕のやり方さ。

僕はダンスが大好きだし、ダンスは楽しい。

だから、試合中だったが楽しんだ。

あれが僕であり、僕たちが僕たちになるためにも僕は僕らしくあり、自由にやる必要があるんだ。

僕はそれで良いと思っているよ。

チームとチームメイトたちに良いエネルギーをもたらすし、僕たちをハッピーにする。

僕はいつだって楽しみたい。

勝とうが負けようが引き分けだろうがね。

僕個人としては、そうしなければ緊張してしまうんだ。

もし僕がものすごく集中し、楽しめていなければ、何をすべきなのか分からなくなってしまう。

ただ笑顔でゲームを楽しむだけさ。

ウェストブルックによると、レイカーズのチームメイトたちもウェストブルックのダンスパフォーマンスを認めてくれたという。

ようやく緊張から開放され、笑顔が戻ってきたウェストブルック。

開幕後しばらく厳しい戦いが続いたが、これからのウェストブルックはMVPレベルのパフォーマンスでレイカーズを牽引することだろう。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数8951
平均出場時間35.934.7
平均得点19.423.1
平均リバウンド8.87.4
平均アシスト8.58.5
平均スティール1.51.7
平均ターンオーバー4.94.1
FG成功率44.5%43.7%
3P成功率21.9%30.5%
フリースロー成功率58.1%78.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA