【スポンサーリンク】

CJ・マッコラムがヒートのケンドリック・ナンへの対処に苦言?

CJ・マッコラムがヒートのケンドリック・ナンへの対処に苦言?

ポイントガードのケンドリック・ナンは、この夏にロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

ヒートはナンとの契約を望み、クオリファイングオファーを行使してナンを制限付きFAにしたものの、元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーをサイン&トレードで獲得できるチャンスがあると分かると、クオリファイングオファーを撤回した。

ポートランド・トレイルブレイザーズのCJ・マッコラムは、NBAチームのこのような対処に不満を持ち、選手たちが軽視されていると感じているのかもしれない。

マッコラムはナンの件を受け、次のように指摘。fadeawayworld.netが伝えている。

ケンドリック・ナンの状況を見てくれ。

彼はFAになる予定だった。

彼ら(ヒート)は資金が枯渇するまで彼を待たせたよね。

僕が間違っていたら指摘してくれ。

リーグでこのようなことが起こっているのに、君たちはそのことについて議論しないのか?

ヒートと契約できなかったナンは、レイカーズと2年1000万ドルの契約を結んだ。

ただし、ナンにはニューヨーク・ニックスなど複数のNBAチームから大きなオファーが届いたというが、ナンはレイカーズの一員としてプレイすることを望み、他チームからのオファーを蹴ったと報じられている。

多くのNBA選手はマッコラムの指摘に同意するだろう。

だが、NBAがビジネスである限り、このような状況はこれからも続くに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA