【スポンサーリンク】

RJ・バレット「リーダーは言葉で示すだけではない」

RJ・バレット「リーダーは言葉で示すだけではない」

ニューヨーク・ニックスのNBAオールスターフォワード、ジュリアス・ランドルは、コート上の行為だけでなくメディアインタビューを拒否し続けていることでも批判を浴びている。

ニックスのリーダーはランドルだが、ここ最近のランドルの行為を受け、「ランドルよりRJ・バレットのほうがリーダーにふさわしい」などという声も聞こえ始めてきた。

そんな中、バレットが理想のリーダー像について語った模様。

バレットによると、リーダーにはチームメイトたちを言葉で鼓舞するだけでなく、適切な振舞いも求められるという。バレットのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

リーダーシップとは、言葉で示すだけではないと思う。

施設で、オン・ザ・コートで、試合中の至るところで何をするか、どう振る舞うか、どう行動するか。

それがリーダーシップなんじゃないかな。

ランドルにとっては耳が痛い言葉かもしれないが、それがチームを牽引するリーダーに求められる姿だろう。

ここ最近のランドルはニックスファンやレフェリーと戦っているように見えるが、果たして自分自身を取り戻し、ニックスを再びNBAプレイオフに導くことができるのだろうか?

なお、ランドルの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数44490
平均出場時間35.430.9
平均得点18.817.5
平均リバウンド10.09.3
平均アシスト5.13.5
平均スティール0.80.7
平均ターンオーバー3.42.7
FG成功率41.1%
(キャリアワースト)
47.7%
3P成功率30.8%33.5%
フリースロー成功率75.7%74.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA