【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーがスランプについて「気にしていないわけではない」

ステフィン・カリーがスランプについて「気にしていないわけではない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBA史上最も偉大な3ポイントシューターだ。

だが、ここ最近はリズムを掴むことができず、現地23日に行われたユタ・ジャズ戦ではFG成功率25.0%(5/20)、3P成功率7.7%(1/13)に終わった。

カリーが調子を落とし始めたのは12月に入ってからで、現地12月1日からのFG成功率は38.4%、3P成功率は34.4%にとどまっているという。

そんな中、カリーがシューティングスランプに言及した模様。

ジャズ戦を終えた後にシューティングスランプについて質問されたカリーは、以下のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕の言い訳を誰が気にするんだ?

聞きたいと思う者はひとりもいないだろう。

シュートを決めるか外すかだ。

ゲームにどうアプローチするか、どう仕事に取り組むか、大きな目で見ている。

フラストレーションが溜まっているのは間違いない。

シュートを撃ちたい。

だから先日はベンチの椅子を蹴ってしまった。

気にしていないわけではない。

僕は解決方法を見つけなければならない。

だが、それだけにこだわるわけにはいかない。

僕たちが望むレベルに到達するために、僕はシュートを決めなければならない。

それ以外のことについては気にしていないよ。

ウォリアーズは現在34勝13敗でウェスタン・カンファレンス2位。

首位フェニックス・サンズは現在6連勝中であり、サンズとウォリアーズのゲーム差は徐々に広がりつつある。

だが、数々の困難に打ち勝ってきたカリーは必ずスランプを脱し、驚異的な3ポイントショーを繰り広げるだろう。

なお、カリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数43805
平均出場時間34.734.3
平均得点26.024.3
平均リバウンド5.34.6
平均アシスト6.26.5
平均スティール1.41.7
平均ターンオーバー3.23.1
FG成功率41.6%
(キャリアワースト)
47.3%
3P成功率37.6%
(キャリアワースト)
42.9%
フリースロー成功率91.3%90.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA