【スポンサーリンク】

JJ・レディック「レブロン・ジェイムスを除外することは絶対にない」

JJ・レディック「レブロン・ジェイムスを除外することは絶対にない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは、37歳という年齢にもかかわらずNBAトップクラスのプレイを維持している。

今季は2007-08シーズン以来となる平均30得点以上を記録し、改めて偉大さを証明したジェイムス。

元NBAスターのジョン・サリーは先日、「彼は40代になっても最高のレベルでプレイし続けることができる」と称賛したというが、現在NBAアナリストとして活動しているJJ・レディックもサリーの意見に賛同するという。

レディックはジェイムスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕がレブロンを除外することは絶対にない。

彼は個人の偉大さを示し続けている。

このスポーツにおいて、僕はそういった選手を見たことがない。

彼はキャリアを通し、悪いシーズンを送ったことがない。

37歳の今もやってみせているんだ。

今季のレイカーズはアンソニー・デイビスやジェイムスなど主力選手たちが負傷離脱し、かつラッセル・ウェストブルックがシステムにフィットすることができず、NBAプレイオフに進出することすらできなかった。

NBAプレイオフに進出し続けてきたジェイムスにとって不本意なシーズンだったのは間違いないだろうが、長いオフシーズンを身体のケアに充てることができる点は不幸中の幸いだろう。

レイカーズは来季もジェイムス、デイビス、ウェストブルック体制で戦うと見られる中、休養十分のジェイムスは来季もNBAを牽引するパフォーマンスを披露してくれるに違いない。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数561366
平均出場時間37.238.2
平均得点30.327.1
平均リバウンド8.27.5
平均アシスト6.27.4
平均スティール1.31.6
平均ブロックショット1.1
(キャリアハイタイ)
0.8
平均ターンオーバー3.53.5
FG成功率52.4%50.5%
3P成功率35.9%34.6%
フリースロー成功率75.6%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA