【スポンサーリンク】

NBAが2ウェイ契約のルールを継続へ

NBAが2ウェイ契約のルールを継続へ

2021-23シーズンの特に前半は、NBAの健康と安全プロトコルによる離脱を強いられた選手が続出した。

そのため、NBAは健康と安全プロトコルに離脱した選手と同じ人数を10日感契約で一時的に加える、2ウェイ契約の選手をレギュラーシーズン50試合まで出場できるようにするなど特例を認めたが、2ウェイ契約のルールについては来季も継続することになりそうだ。

ESPNの記者によると、NBAは2ウェイ契約の選手がレギュラーシーズン50試合まで出場できる現行のルールを来季も継続する予定であり、理事会も承認する見込みだという。

ただし、2ウェイ契約の選手はNBAプレイオフの試合に出場することができない。

もし2ウェイ契約の選手をNBAプレイオフでも起用する場合、スタンダード契約にアップグレードする必要がある。

サラリーははルーキーミニマム契約の半分となる。

また、2ウェイ契約の選手はこれまで同様2人までロスターに加えることが可能だ。

2022-23シーズンに2ウェイ契約からスタンダード契約を勝ち取った選手は以下の通りとなっている。

選手チーム
ルカ・ガーザデトロイト・ピストンズ
オースティン・リーブスロサンゼルス・レイカーズ
アルモニ・ブルックスヒューストン・ロケッツ
ギャリソン・マシューズヒューストン・ロケッツ
キリアン・ティリーメンフィス・グリズリーズ
サム・ハウザーボストン・セルティックス
アーロン・ウィギンスオクラホマシティ・サンダー
ダイシェン・ニックスヒューストン・ロケッツ
ケイレブ・マーティンマイアミ・ヒート
トレンドん・ワトフォードポートランド・トレイルブレイザーズ
デボンテ・ケイコックサンアントニオ・スパーズ
ジョー・ウィースキャンプサンアントニオ・スパーズ
アミール・コフィーロサンゼルス・クリッパーズ
ホセ・アルバラドニューオーリンズ・ペリカンズ
RJ・ネムバードクリーブランド・キャバリアーズ
テリー・テイラーインディアナ・ペイサーズ
デュアン・ワシントンインディアナ・ペイサーズ
スカイラー・メイズアトランタ・ホークス
ウィニエン・ガブリエルロサンゼルス・レイカーズ
モーゼス・ブラウンクリーブランド・キャバリアーズ
ケスラー・エドワーズブルックリン・ネッツ
トレント・フォレストユタ・ジャズ
イシュメイル・ウェインライトフェニックス・サンズ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA