【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHCがマーカス・スマートのダイブについて「危険なプレイ」

スティーブ・カーHCがマーカス・スマートのダイブについて「危険なプレイ」

NBA史上最高のシューターであるゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、現地16日に行われたボストン・セルティックス戦の第2Q中に左足首を負傷し、途中退場した。

セルティックスのマーカス・スマートがルーズボールの際にカリーの足に接触したことが怪我を引き起こしてしまったわけだが、ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCはスマートの行為に激怒。

カーHCによると、スマートは素晴らしいNBA選手ではあるものの、カリーへのダイブについては危険なプレイだったと感じたため、怒りを抑えられなかったという。カーHCのコメントをESPNが伝えている。

マーカスは(ボールではなく)ステフに向かってダイブしたと思う。

だから私は腹が立った。

マーカスのことはすごくリスペクトしているよ。

彼は本当に素晴らしい選手であり、ゲーマーであり、コンペティターだ。

私は数年前のワールドカップで彼をコーチングした。

彼とは試合後に話したが、彼との関係に問題はない。

ただ、私はあれが危険なプレイだったと思ったんだ。

カリーはすでにMRI検査を受け、現在は検査結果待ちと報じられている。

カーHCによると、MRI検査の結果を待ってからカリーの足首の状態を発表するというが、カリーはウォリアーズのNBAタイトル奪還において最も重要な選手であるため、長期離脱につながる怪我でないことを祈るばかりだ。

なお、スマートはカリーに対するダイブについて「故意ではなかった。チームのためにプレイした結果だった」と説明した一方で、NBAオールスターフォワードのドレイモンド・グリーンは「不必要なプレイだった」としつつも、ダーティープレイとは断定しなかった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA