【スポンサーリンク】

ジョーダン・クラークソンの4年間のトランスフォームが話題に

ジョーダン・クラークソンの4年間のトランスフォームが話題に

ユタ・ジャズのジョーダン・クラークソンは、昨季を飛躍のシーズンとした。

NBAシックスマン・オブ・ザ・イヤーにも選出され、ジャズに不可欠な選手のひとりとなったクラークソン。

そのクラークソンのここ4年間での変貌ぶりが話題になっている。

officialnbabuzzによると、クラークソンは2017年までタトゥーを一切入れていなかったものの、その後の4年間で全身タトゥーの姿に変貌したという。

クリス・アンダーセンやJR・スミスのように、クラークソンのタトゥーはこれからますます増えていくだろう。

いつの日かチームをNBAチャピオンに導き、ラリーオブライエントロフィーのタトゥーが加わるのを期待したいところだ。

なお、クラークソンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数68521
平均出場時間26.727.0
平均得点18.4
(キャリアハイ)
15.3
平均リバウンド4.0
(キャリアハイタイ)
3.3
平均アシスト2.52.6
平均スティール0.90.9
平均ターンオーバー1.71.7
FG成功率42.5%
(キャリアワースト)
44.3%
3P成功率34.7%34.3%
フリースロー成功率89.6%
(キャリアハイ)
82.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA