【スポンサーリンク】

ジョーダン・クラークソンが退場処分のファンについて「一線を越えた」

ジョーダン・クラークソンが退場処分のファンについて「一線を越えた」

現地27日に行われたユタ・ジャズとサンアントニオ・スパーズの試合で、昨季のNBAシックスマン・オブ・ザ・イヤー選手であるジョーダン・クラークソンがスパーズファンと口論を繰り広げるシーンがあった。

クラークソンがそのファンに詰め寄ろうとした結果、ファンは退場を命じられることになったわけだが、クラークソンによると、退場したファンは試合を通して罵声を浴びせ続けていたという。

クラークソンはスパーズに勝利した後、退場処分のファンについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

彼は試合中ずっとそういったことを叫び続けていた。

少し悪意があり、最後には一線を越えてしまった。

僕は彼に向かって一歩踏み出したが、それ以上のことは考えていなかったよ。

ファンがいるスタンドに僕が入ることはできない。

あの男は何も失わない。

僕は金を失うだろう。

僕が失うであろう金は、僕の娘に使うこともできる。

彼女はブガッティ(の高級車)を買えるだろうね。

クラークソンはタイムアウト中に堪忍袋の尾が切れ、ファンに詰め寄ろうとした。

だが、チームメイトたちが制止したことにより、事なきを得た。

ファンと選手たちとの間の問題は、昨季のNBAプレイオフから続いている。

今季はロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスとデンバー・ナゲッツのオースティン・リバースがファンに退場処分を要求したことで話題を集めたが、一線を越えるファンはこれからも現れるだろう。

NBA選手にファンを退場させる権限はないため、NBAと各アリーナには何かしらの対処が求められることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA