【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックがディープスリーの練習に取り組む

ラッセル・ウェストブルックがディープスリーの練習に取り組む

先日のトレードでワシントン・ウィザーズからロサンゼルス・レイカーズに移籍したNBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックには、レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビスと共にチームを牽引する働きが期待されている。

だが、ウェストブルックはシュートを得意としている選手ではないため、それを懸念しているレイカーズファンは少なくないだろう。

ウェストブルックもそれを自覚しているのか、このオフシーズン中はディープスリーの練習にも取り組んでいる模様。

fadeawayworld.netによると、ウェストブルックは練習中に11本連続でディープスリーを決めるなど、順調な仕上がりを見せているという。

もし実戦でも高い精度でディープスリーを決めることができれば、レイカーズにとって間違いなく大きなスコアリングオプションとなるだろう。

いずれにせよ、ひとり黙々と練習をこなしているウェストブルックは、ホームチームであるレイカーズをNBAタイトル奪取に導く覚悟と準備ができているようだ。

なお、ウェストブルックの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数65943
平均出場時間36.434.7
平均得点22.223.2
平均リバウンド11.5
(キャリアハイ)
7.4
平均アシスト11.7
(キャリアハイ)
8.5
平均スティール1.41.7
平均ターンオーバー4.84.1
FG成功率43.9%43.7%
3P成功率31.5%30.5%
フリースロー成功率65.6%
(キャリワーストタイ)
79.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA