【スポンサーリンク】

ダーク・ノビツキーがカール・アンソニー・タウンズにエールを送る

ダーク・ノビツキーがカール・アンソニー・タウンズにエールを送る

ミネソタ・ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズは先日、「僕はNBA史上最高のビッグマンシューターだ」、「僕がファーストバージョンであり、誰もが僕のセカンドバージョンになろうとしている。僕がオリジナルだ」などと語った。

今季のタウンズは3Pシューター顔負けの3P成功率42.6%を記録しており、タウンズが精度の高いアウトサイドシュートを持っているのは間違いないだろう。

だが、「ファーストバージョン」という点で考えると、ダーク・ノビツキーやケビン・ラブ、チャニング・フライなどのようにタウンズ以前からアウトサイドシュートを得意としていたビッグマンがいるのも事実だ。

そんな中、ノビツキーがタウンズの発言に言及した模様。ノビツキーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼は自信と威厳を持っている。

それはこのリーグで成功するために必要なものだ。

彼がNBA史上最高(のビッグマンシューター)なのかはまだ分からない。

まだ先は長い。

だが、彼のタッチは素晴らしい。

もし彼があのようなプレイを続ければ、キャリアを終える前に最高のビッグマンシューターに君臨するだろうね。

タウンズはNBAキャリアを通して高い3P成功率を記録している。

ノビツキーが語ったように、今のパフォーマンスを維持することができればNBA史上最高のビッグマンシューターと称賛されるだろう。

だが、ノビツキーのように偉大なNBA選手として知られるためにも、ウルブズをNBAチャンピオンに導く働きを期待したいところだ。

なお、タウンズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数30438
平均出場時間34.534.3
平均得点24.523.0
平均リバウンド9.1
(キャリアワースト)
11.4
平均アシスト3.63.0
平均スティール1.0
(キャリアハイ)
0.8
平均ブロックショット1.1
(キャリアワーストタイ)
1.4
平均ターンオーバー3.52.7
FG成功率51.0%52.6%
3P成功率42.6%
(キャリアハイ)
39.7%
フリースロー成功率82.8%83.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA