【スポンサーリンク】

バム・アデバヨがトレイ・ヤングに反撃

バム・アデバヨがトレイ・ヤングに反撃

NBAチャンピオンを目指すマイアミ・ヒートは、アトランタ・ホークスとのNBAプレイオフ・ファーストラウンドを2勝0敗とし、好スタートを切った。

一方、プレイイントーナメントを勝ち上がってNBAプレイオフに進出したホークスは厳しい状況に追い込まれてしまったわけだが、NBAオールスターポイントガードのトレイ・ヤングは第2戦を終えた後、「レフェリーがあのようなフィジカルなプレイを許し、ファールをコールしないなら、何をやっても厳しいだろう」と指摘。

これにバム・アデバヨが反論した模様。

アデバヨによると、レフェリーは適切にファウルをコールしたからこそ、ヒートの複数の選手がファウルトラブルに陥ったという。アデバヨのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕は4ファウルだった。

PJ(・タッカー)もファウルトラブルに陥った。

2人のスターターがファウルトラブルだ。

僕は第3Qすべて、PJは第4Qのほとんどを座って過ごしたのに、どうやったらレフェリーが(フィジカルなプレイを)許したということになるんだ?

僕には分からない。

レフェリーも人間であり、ファウルを見逃してしまうケースもある。

シリーズ第2戦でもそのようなシーンが見られたが、ヤングが2連敗に不満を感じてるのは間違いないだろう。

ヤングには第3戦で奮起し、ヒートのタフなディフェンスを崩すパフォーマンスを期待したいところだ。

なお、ヤングのファーストラウンド第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間28:2740:38
得点825
リバウンド66
アシスト47
スティール20
ターンオーバー610
FG成功率8.3%
(1/12)
50.0%
(10/20)
3P成功率0%
(0/7)
20.0%
(2/10)
フリースロー成功率85.7%
(6/7)
75.0%
(3/4)
+/--22-11

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    負け犬の遠吠えとはまさにこのこと

*

CAPTCHA